名もなき楽器漫談

名もなき男の忘備録

TS・TRSケーブルのプラグ変更

毎週もしくは10日に1回は何かしら書こうと思っていて、出来てない男です。

 

今週は持ち運び用に昔作ったボードがあるのですが、それの整備をしてました。

んで、それに使っていたギターシールド、TSケーブルのプラグが壊れていたため修理し、加えてTRSケーブルをストレートプラグからLプラグに変更してみました。

 

 

f:id:nonamegt:20180121190726j:plain

 

まず壊れていたギターシールド、プロビデンスのやつです。

プラグ部分が外れてしまいました。10数年間楽器弾いててこんな壊れ方したのは初めてみました。

 

f:id:nonamegt:20180121190756j:plain

 

とりあえず分解。ギターシールドとしてよく使われるTSケーブルは芯材のT部分と外皮にあるアース部分のSの構造ですね。

写真だとシールドの端子がどのようになってて、プラグを触るとノイズが消える理由がよくわかりますね。

 

f:id:nonamegt:20180121190823j:plain

f:id:nonamegt:20180121190831j:plain

 

とりあえずハンダでくっついているのを取り、新しく買ってきた奴に乗せ換えます。

また壊れたら直せばいいや……とトモカのを使用しています。

秋葉原千石電商本店2階で純正プラグを販売してますが、どれもこれも1kを超えてなんせ高いんだ。またすぐ壊れそうなので使いたくないですね。。。

 

 

お次にTRSケーブルのプラグ変更です。

TRSケーブルはわかりやすく言うとステレオケーブルで、ギターシールドであるTSケーブルはモノラルなので、ステレオにしたい時やエクスプレッションペダル等をキーボードなどで使う際に利用します。

 

ギターシールドではLプラグはあるあるですが、TRSになるとなぜかLプラグを使った既製品がなく、プラグ単体で売ってるだけ?っぽいんですよね。

今回ボード内取り回しの為にストレートプラグでは収まらなかったので改造というわけです。

 

f:id:nonamegt:20180121190941j:plain

 

というわけで使うのは既製品TRSケーブル。

これを写真にあるトモカのに変更します。流れは上のとほぼ同じです。こっちの方が写真多めにします。

 

 

f:id:nonamegt:20180121191021j:plain

f:id:nonamegt:20180121191026j:plain

 

まず、元のプラグから外します。

TRSの場合2芯ケーブルを使うので、単純に端子も1つ増えます。これらが直接触れ合うとダメなのでそこも注意しつつの作業ですね。

 

 

f:id:nonamegt:20180121192805j:plain

f:id:nonamegt:20180121192809j:plain

f:id:nonamegt:20180121192842j:plain

 

ケーブル先端がハンダの熱でぐちゃぐちゃだったので、綺麗に一からやり直して予備はんだ。

プラグ側も予め先にハンダを載せておくと、取り付けが簡単になるので先にハンダを載せて染み込ませておきましょう。

 

f:id:nonamegt:20180121194113j:plain

 

そして結線。

ここで注意するのは、芯材の内どちらをどっちにつけたかを忘れないこと。両側ともに同じ端子に接続しなければ意味がありません。

 

 

f:id:nonamegt:20180121194133j:plain

 

これで完成。

ギター・ベース奏者にTRSケーブルはあんまり馴染みがないでしょうけども、エクスプレッションペダルを使うKenper Remoteなどでは必須のアイテムなので

今後認知度が増えると既製品のLプラグ型が出てくるだろうなぁと思います。

 

どちらも作業時間としてはものの数分で終わりました。

自分でバラしてくっつけると、ケーブル部分を持って引っこ抜くと簡単に壊れるのがよくわかったので、今後は気をつけたいところですね……

 

 

ボードの話はまた次の機会にて。以下いつもの雑記

続きを読む

2017から2018年へ

新年あけましておめでとうございます。

 

新年もあけましたので、去年を振り返り来年の抱負を簡潔に。

 

 

 

去年の一大転機といえば、転職ですね。

 

前職は過労死直前まで働かされ、手足が動かなくなる経験までしましたが

内勤になってもあまり労務環境はよくなっておらず、みなさんに心配をおかけしました。

 

そんな職場に愛想をつかし、転職サイトに登録して転職活動を始めたのが3月。

2ヶ月ほど書類審査すら受からない時期を過ごしましたが、5月終わりに事務で受けた会社より

 

「社長から「事務の先行はまだ続くんだけども設計であればすぐに内定を出せる。是非来ないかい?」って言われいるんだ。考えて欲しい」

 

 

と連絡が即日来て、そのままその場で快諾してお世話になって今に至りますが

定時出社定時退勤の超絶ホワイトさに、本当にこれでいいのかと恐怖に怯えつつある社畜根性が抜けませんが

3ヶ月、正社員雇用にもなり、かなり体を休めることができたと思います。

 

 

 

つい先日、半年ぶりにあった方々からも「顔色良くなったね!」っと言われてよかった。

お薬も飲まなくてよくなりましたし、お酒やタバコ等嗜好品も解禁になったのはでかい。

このまま今年、体を休めると同時に、もっと丈夫な体を目指して運動やら取り組んでいきたいですね。

 

 

 

お次、数年ぶりにサポートとかではなくいちメンバーとしてライブができたこと。

 

正直にいうと、当日の機材トラブルとかに心を取られすぎてちゃんとした演奏ができなかったのが心残りでしたが

久々に、メンバーとして曲をもちよって練習して、ライブをして……っと音楽が楽しい!って思えて

ライブが決まってから練習を続けて行く間に社畜時代の荒んでた心が洗われていく感じもありましたし

倒れた時の後遺症で痺れの残る手指のリハビリをもっとしっかり取り組むきっかけにもなったと思います。

 

 

また今年も、ちょこちょことライブをしていけたらなとは思いますし

某氏からも「ライブで私の曲を歌ってくれたら光栄。どしどしやって!」と言われましたので

音楽活動も、今年も継続して続けていきたいなぁと。機材は減らす予定ですが……

 

 

 

 

最後、去年は後半から身内に不幸が多い一年でした。

 

祖母が亡くなり、同日に前々から事故で倒れてた友人が亡くなり、その旦那もその後を追うかのように亡くなり

その後別の友人の病状が悪くなり亡くなり、その翌日知り合い全員が原因不明の意識不明でぶっ倒れ、まだ一人目を覚まさず……

これはやばいとお祓いに行った日、終わった後車を運転していた友人が追突にあって入院……と

なんとまぁ、不幸なことが多くて。

 

京都あたりの神社に不幸の縁切りに行こうかなとも考えていますが

それまでにワタシも何かあるのだろうか?……と怖い思いをしております。

他の知り合い達に不幸なことがなければいいな……とも。

 

 

 

そんな、簡潔にいうと楽器を弾き続けて

仕事もゆる〜く続けて、体に気をつけていきますという

いつもながらの抱負でした。

 

 

今年も一年、よろしくお願いいたします。

 

続きを読む

はんだごてやテスターは使えるようになろう

私は元来工学系の人間ですので、一通りテスターの使い方やはんだごてで半田付けはできるのが当たり前なのですが

最近はショップがたくさんあることもあり、簡単なはんだごて作業すらショップに任せたり、断線したか分からなくて持ち込んだり……ってやってる方が多いかと。

 

 

そのためだけにショップに持ち込んだり、お金払って調べるのはナンセンス!と思っているので

簡潔に断線を調べる方法だけでも記録として残そうかなと。

 

 

まずテスター。なんでもいいです。抵抗値が500〜600kΩは計測できるものがあれば針でも電子式でも構いません。私は電子式を使ってますが……

 

f:id:nonamegt:20171202221726j:plain

 

 

なお、なぜ600kΩかといいますと、今使われるポットはいわゆるハムバッカー用が500kΩ、シングル用が250kΩと呼ばれています。

ポットの名前は「可変抵抗器」です。0の時には0Ωですし、500kΩのものなら10で500kΩを示す……と言う働きをしています。

 

500kΩギリギリですと、そんなキリのいいのがポロポロあるはずないので測れない可能性があります。一部ビンテージのテレキャスとかは1000kΩ=1MΩなんてものも使われてたりしますが、そんなの滅多に遭遇しませんので目安として500kΩ以上が測れるもの……と考えておいてください。

 

 

まず計測前には、赤と黒を接地させて0になるか確認してください。0にならなきゃテスターが壊れてるってことなので。

 

f:id:nonamegt:20171202221808j:plain

 

そして、ピックアップの断線を確認する場合は

赤をポットの端子につけるHot線に接続

黒をポットの裏につけるCold線に接続

して、抵抗値がいくつになるか調べる。これだけです。

 

これでちゃんと生きていましたら5〜20kΩぐらいを示すはずですし

電子式なら0か1、針式なら0のまま動かなければ断線という形です。

 

大体のビンテージ系ピックアップは10kΩ行かないので、10kΩ超えたらハイパワーピックアップと思っていただいて、1桁全般になるほどパワーのない繊細なものと思っていただけたら。

 

これが4線のピックアップでも赤と黒につけるものに変化はありません。

 

こんな感じで調査した結果、最近入手したギターのピックアップは両方ともに死亡が確認されたため、手持ちのスペアに乗せ換えました。

 

f:id:nonamegt:20171202221910j:plain

f:id:nonamegt:20171202221947j:plain

 

見事に1や0を示していて、悲しくなりました……

別に持っていたテレキャスピックアップで試すと6.76kΩを示しました。弱めですね。

 

f:id:nonamegt:20171202222034j:plain

 

注意として、ギターに取り付けたままですとポットやら別の抵抗値を拾ってしまうため、

調べる時にはとりはずしたときじゃないとできません

 

もちろんそれまでの間にははんだ付けされてますので、こういった最低限のはんだごて作業ができた方がいい……っていうのはそのためだったりします。

でも、こうやって自分で調べれるようになるので、やっぱり自分でできるといろんなことが楽しくなるので、是非とも覚えてもらいたいなと思います。

 

 

 

せっかくポットの話もしたので、知り合いのポットの抵抗を測った時のメモがあるのでそれも公開。

 

f:id:nonamegt:20171202223918j:plain

 

alphaの50kΩのAカーブのものです。ペダルのポット交換の為に買ったものとのこと。

これから、0から10まで1目盛りずつ動かした時の抵抗値を載せいています。

 

f:id:nonamegt:20171202222713j:plain

f:id:nonamegt:20171202222741j:plain

f:id:nonamegt:20171202222905j:plain

f:id:nonamegt:20171202222918j:plain

f:id:nonamegt:20171202222923j:plain

f:id:nonamegt:20171202222928j:plain

f:id:nonamegt:20171202222931j:plain

f:id:nonamegt:20171202222934j:plain

f:id:nonamegt:20171202222936j:plain

f:id:nonamegt:20171202222939j:plain

f:id:nonamegt:20171202222942j:plain

 

写真を見ると明らかなのですが

Aカーブはポットの進み方と比例にならず、平均変化率のようなグラフになるってよく聞きますが

実際に測るとそれがわかりますよね。50kΩなのだから、1目盛りごとに5kΩ進むのではなく、5を過ぎてから一気に数値が変わっていきます。

この動きが耳には目盛り通り変化するように聞こえるんですから、錯覚なのかわかりませんが面白いもんです。

 

そして、50kΩのポットでもフルでも50kΩでてないんですよね。

確かalphaは国産だったと思いますが、それでもこんだけばらつきがあるのが電気機器なので、おおらかさと精密さに溢れたパーツで音楽は構成されているのがよくわかると思います

 

以下、いつもの雑記

続きを読む

12月17日にライブに出ます

2017年12月17日(日)に目黒ライヴ・ステーション様で行われる

『N.V.C.C. Presents アニめぐろ 2017 Vol.13』

 

 

に出演が確定して、また告知を出していいってことになりましたので

ここにてご報告

 

 

★会場
目黒ライヴ・ステーション

http://www.livestation.co.jp/live-st/main_flame.html


★ 出演(順不同)
・ホッピィ☆しゃっふる!(「BanG Dream!」トリビュート・バンド)
・reminiscence(セツナキレイ系ロック・バンド)
・藍井Z界 ~ツアーファイナル~(「藍井エイル」トリビュート・バンド)
・keep NAKED(コンセプト系アニソン・バンド)
・ideal fried rice (家系ボカロ・アニソンバンド)
・キヤライブ(雑色ダメ系バンド)
・LoiseauBleu(POPでROCKな歌い手2人組)
カワサキ(日曜の朝の使者)

 

★ OPEN/START
16:00/16:25

 

★ 料金
前売¥2,000/当日¥2,500(ドリンク代別途)


★ 入場順
並んだ順

★ 問合せ
(株)N.V.C.C.
Tel/Fax: 042-848-9535
e-mail nvcc_ulikawamoto@yahoo.co.jp
web http://www.animeguro.net/#topBox00

★ 主催:(株)N.V.C.C.

 

 

ということになります。

チケット代は私までDMやらメール等いただけましたら、その分確保しますので

当日はお名前を入場口でお伝えしていただけたら……と思っています。

 

ちなみに出演時刻は19時50分ごろになります。

 

f:id:nonamegt:20171114220051j:plain

 

久々にライブです。ロックバンドでサポートじゃないってのは実に4年ぶりになります

(サポートやらJazzならちょこちょことやっていたのですが)

 

先日もバンドでスタジオに入って練習してました。

あまりライブで聞くことのないであろう曲ばかり揃えています故

ご興味のある方は是非いらしていただけたらと思います。

 

 

 

個人的に、日曜の朝の使者様は名前からしてライダー何だろうか……って気になります。

Bacchus BTE-TWの試奏レビュー

最近、知り合いのテレキャス好きの間で話題になっているRosewood Telecaster風で売り出しているBacchus BTE-TWですが

本日、試奏してきたので簡潔なレポを書こうと思います。

 

まずスペックから。公式ページより

BTE-TW | 株式会社ディバイザー

 

 

Body Tech Wood
Neck Tech Wood
Fingerboard Tech Wood
Bridge TE Type Bridge
Machineheads Rotomatic Type
Pickup Original Single Coil Type
Control 1Vol,1Tone,3way PU Selector
Scale 25 1/2 inch (22F)
Finish Urethane
Accessories ソフトケース、六角レンチ、保証書

 

 

Bacchus Universe Seriesという、海外生産ラインナップという

わかりやすくいうとmade in Chinaのギターです。

 

テックウッドって聞いたことないな?って思ったのですが、ちゃんと書いてありました。ポプラの合板のようですね。

 

テックウッド(Tech Wood)とはギターやベースに使用されるポプラ材を何層にも重ね合わせ作り上げた合板材です。近年資源の減少により希少性を増すローズウッドの外観に近く、木目を楽しめるよう積層の仕方にも一工夫されています。ボディ内部をくり抜き、軽量化してあるため気軽に演奏をお楽しみいただけます。

 

また木材は何層にも重ね合わせたほうが狂いづらいと言われ、ネック材など剛性向上にも期待できます。

 

 

というわけで公式の説明終わりで、以下私が触って弾いて感じたことをを。

 

 

 

  • 見た目 

塗装しているのもあるんでしょうがそれっぽい色味はしています。

ただ、とても白っぽいというか、乾燥しまくってオイルを浸す前にすごく似ているというか……見た目では艶が全くないなと感じてしまい、オイルで磨きたくなりました。

木目の方もポプラの合板ということで、まさに合板な木目を感じることができます。明らかに普通の一本の木材じゃぁないなってのはみてすぐわかるかと。

 

 

  • ボディーの継ぎ方

ボディーはセミホローっぽい感じで、軽くノックするとコーンと響く部分と詰まってる感じの部分とがはっきりわかります。

本家オールローズのように、間には一枚白色のメイプル層らしい層がありますが、多分これもテックウッドでこれが元の色なのかな?っと思います。

継ぎ方はというと、私が試奏した個体はネックはワンピースっぽい感じで、ボディーはセンター2ピース担っていました。

 

 

  • 仕上げ

さて、ここからは酷評の嵐です。

仕上げはウレタン仕上げだそうですが、艶がそんなにないような色味に感じてしまう個体だったのでなんか勿体無さを感じましたが、それ以上に

 

打痕、擦り傷、色の濁り等仕上げが酷い。

 

なんせ見れば見るほど傷があちこちにあるのがわかります。どう考えても試奏では付かんだろ……って物だらけ。

新品にしては、傷が多すぎて明らかにB級品で売り出されてもおかしくないかな……ってレベルに傷が多いと感じました。

 

そしてきわめつけは変色?

塗装不良なのか知りませんが、私が弾いた個体は白く濁った部分があり、これってどうなの?って思わざるを得ませんでした。

ある意味、見た目で勝負!なギターのため、いきなりのこれらでかなり面食らいました。。。

むしろ、濁り?に関しては再塗装とかやり直すべきなのではないかな……って思わざるを得ません。

 

そして、とある部分で面取をきちんとしていないで、ササクレ立ってるのが見えて、かなりげんにょり。

まぁプレイアビリティに影響のない部位とはいえ、きっちりと検品をして欲しいなぁと思うところです。

 

 

  •  フレット処理

次に弾いてみようとして気づくのが、フレットが波打ってたということ。

大抵1発目に開放弦を使うコードを鳴らすのですが、チューニングを合わせたばっかりなのにズレた音がして気づきました。

そもそも、Fenderギターは俗にいうGibsonスケールと比べて開放弦のコードが綺麗にならない仕様なのは理解していますが、それにしてもひどいなと。

2006年のGibson Custom Shopもフレット処理がダメでひどいギターが多かったのですが、それに並んでいると思います。

 

そしてフレットによっては「あれ?ファンフレットだったかな?」って見た目で気づくほど斜めっていたり、そりゃ弾いてて違和感しか感じないはずだわ……って。

後々弾いた個体の写真をみても、普通に気づくレベルで傾いていました。今見ると私が弾いた後売れたのか消えてましたが。。。

 

もう、これに我慢できなくなって数分軽く鳴らして終わりました。

持った感じはセミホローなだけあって軽く、ヘッド落ちする感覚もなかった為、練習用にいいかも?って気もしたのですが

正直弾けば弾くほど違和感を感じてしまうのはいただけない。

完全に見た目だけなので、これはディスプレイ用のギターなんだな……って。

 

  • 他の個体はどうなんだろう?

帰って、私が弾いた個体が壊滅的にハズレだったんだろうな……と思い、

気になってオークションやら見てみまして、この記事を書いている時点で

 

  • 通常価格の本数…8本
  • 通常価格の本数…3本
  • 傷あり特価の本数… 5本
  • 傷あり特価の売却数…4本

 

と、かなりの傷あり特価のギターが出ているのがわかりました。

楽器店がどう仕分けているかはわかりませんが、多分見逃しているだけってのもあるのかもしれません。

 

 

 

  • 総括

最近、RADWIMPS前前前世のPVにて野田さんがこのRosewoodトップのギターを使っていたのもあって、最近のギターキッズにも知られてきたRosewood Telecasterですが

正直、オールローズと言われるRosewood TelecasterはRosewoodを取り巻く環境からものすごい高くなっているのもあり

安価なこのギターや今後出てくるであろう代用品を使っていくという形をとらざるを得ない方も今後増えていくと思います。

 

 

このギターを買う際は、長い間ギターを弾いて良し悪しのわかる人を連れた上、試奏して購入した方がいいです。

 

 

Bacchusって安い割にそこそこいいギターを作るブランドだと思っていましたが

今後、Universe Seriesのギターにはちょっと不安にならざるを得ません。。。

made in Chinaって、ギターでここまでひどかったんだなぁって。

 

もうすこし、検品をしていいギターを作って届けて欲しいとは思います。

企画力が良かっただけに、できの悪さに残念だなと思わざるを得ないギターでした。

 

ギタリストとして、最後に買いたいギター

現在我が家には、最近整理したのですがやっぱり20本近いギターがあり

基本がコレクションや譲り受けたり遺品だったりと、メインで弾くものはそう多くありません。

 

今のところ、弾くために保管しているギターは下記の通り

 

今まではプレイスタイル上、USAレスポールがサウンドの旗艦で練習もちょこっとしたライブで使っており

更にC/Sのレスポールをレコーディングや機材選定の際の判断用という形で使う生粋のレスポール使いのスタイルをとっていました。

ただたまにストラトのサウンドが欲しい時にはストラトを引っ張り出し、イベント用にストラトコンポーネントを使う程度で、ほぼレスポールのみ。

ちなみにリッケンは12弦サウンドが欲しい時用、フルアコサイドギターでやる時ですね。

 

ですが、最近はもっぱらテレキャスが主体となり、USAレスポールはサウンドメイク専用とメインの座から離れています。

敬愛するJimmy Pageも元はテレキャス使いですし、使い方やサウンドの作り方でストラトっぽさも、レスポールっぽさもだせるのがいいなぁと最近気づいて使い始めて、はまってます。

 

JimmyのようにVol Toneとセレクターを駆使してサウンドを調節し続ける古いスタイルで弾いてきた私からすると、テレキャスの幅の狭さには難しさも感じていますが、それがまたハマる原因になっています。

それにサウンドの元となるUSAレスポールも10年も弾いてると磨耗等気になっているのもありまして、テレキャスで細かくいじってごまかすよりも素直にやろうと方向を変えたのもあります。

そもそも、最近やってる音楽で豪快なレスポールでリードを弾くスタイルって合わないんですよね……趣味でやるのはいいかもですけど

 

そんな私も、最後に買うギターってのは決めていましたが、最近メインがレスポールからテレキャスに移ったのもあり

誕生日に製造されたギター以外では、C/Sのレスポールを最後に買ってギターを買う旅は終わろうと思っていましたが

 

 

今では、All Rosewoodを最後に買いたい。

そしてギタリスト人生最後までメインで使っていきたい。

 

 

という形に気が変わっています。

やっぱり、The BeatlesGeorge Harrisonの使用もありますが

知り合いにVintageのAll Rosewoodを持っている人がいて、過去弾かせてもらった時の良さを覚えており

やはり、最後にはたくさん持ってるレスポールを増やすよりもテレキャス、その中でAll Rosewoodがいいなと。

ビンテージ系に移ってしまうのは、元の音楽性からしてしょうがないのかなと

最近のモダンも興味はあるのですが、私には使いこなせないって感じます。

 

んでもって相場をみたりしていますが

正直、古いJapanが20万、Custom Shopが120万するのをみると

もう100万プラスしてVitnage買った方が正直いい気がするんですよね……

最後のギターなので、奮発しようと思いつつ、宝くじアタレェ!って願っています。

 

 

やっぱりGeorgeはいいですよ。本人の奇抜さ、音楽の幅の広さ含め最高のギタリストです。

 

 

以下いつもの雑記。

続きを読む

信用って難しい

信用って、一言でいえば簡単ですが難しいなぁというところで

 

 

 

  • 楽器店について

私は今まで「購入するならこの楽器店のこの店員さんに聞いてから」って方がいましたが

つい最近退職されて、そこから楽器店に対してそこまでの信頼が持てずにいます。

 

私自身、結構ビンテージを多様する身なので、ビンテージに対する知識があって

なおかつそれに対するケアや、代用品をわかっていて

それらを最大限に生かすアンプやエフェクターの組み合わせ方や整理もわかっていた方なので、

その方がいなくなって、どうしようもなくなっているのもありますが、そのお店ではどうしようもなく、お店を変えるしかなくて……ということがあり。

 

新しいお店と信頼関係を築くのも大変ですし

ドピンポイトでわかってくれる方に巡り会えず、悶々と過ごしております。

なんせわかってくれる人があまりいない……的外れなものを勧められて、それを使ってかなり凹んだことも一度だけじゃなくて……

 

 

 

  • リペア・改造について

塗装関連や重いリペアに関しては「いくらかかっても、時間もかかってもここ」ってところがありまして

そこにずっと一任しています。ちなみにプラパーツやらもビンテージと同じやり方で作ってくれたりしてくれるので、かなり助かっています……

そことは、それこそ10年ぐらいの付き合いになるので、これも過去の付き合いから……ってところだなと。

ちなみに現在2年ほど、そこにとあるリペアを預けていたりしてますが「あそこならしょうがない」と続報を待っていたりしています。

その2年の間、別の急ぎの仕事を発注してかなり遅らせているのは他にもならぬ私自身なので何もいえません……

 

 

そして軽い調整・リペア関係も10年ほど付き合いのある方がいて、独立して工房を立ち上げたのですが

ここのところ、今までのフットワークがなくなってきて、体も壊したみたいで連絡がつかなくて、ちょっと心配だったりします。

1ヶ月も連絡取れないなんて初めてなので、お見舞いに行こうかなぁって。

 

 

 

  • イラスト関係について

バンドのロゴやフライヤー、ギターのデザイン等、かなり助けてもらっている方がいます。

報酬はギターで!ってことで、毎度毎度ギターを買って送っているのですが、この関係もなかなか面白いよなぁと思っています。

別の知り合いにも、同じようなやりとりをしている人がいるっぽくて、イラストレータ業界って大変なんだな……って思ってます、割と本当に。

逆にいうと、その人としか付き合いがないため、本当はどのぐらいの金額を払えばいいのかってわからなかったりしますが

その方に頼めばすごくいい案をすぐさま用意して形にしてくれるので、違う方に……ってのができずにいます。

 

仕事のお得意先との関係みたいだなぁと、書いてて思ってしまった。

ずっと同じところ使ってるので……冒険できないでいます。

f:id:nonamegt:20171009001611p:plain

上のは昨日相談したとあるロゴで、昨日のうちに仕上がりましたw

これからフラッシュアップしますが、どうかっこよくなるかこれからが難しい。

そして、すでに支払いとなる楽器を入手してこれから発送します。面白いなぁほんと

 

 

 

  • バンドメンバーについて

私自身はいろんな音楽を聞いて育った口なので、聞けば何でもOK!ですけども

世の中って圧倒的にそうじゃない。あの人のあの音楽は嫌だって大抵はあると思います。

そういうのが溜まって音楽性の違いからの解散になったり、報連相の行き違いで仲違いを起こしたり

そういうとき、同じ歌を歌い演奏するバンドなのに……って思ってしまいます。

なので音楽性以外のこじれる理由にある報連相だけは早くしよう!って気持ちではいます。

 

でも、それを押し付けたくはないなぁって思っています。私がそうしようって思ってるだけなので

それに仕事も違うし、私も今までだと一日中仕事してて休みはほとんどなくて、連絡はうまく取れなくて、過労で体を壊しまくってた口なので

そんな、昔の私みたいな人がたくさんいるんだから、押し付けれない。

 

もちろん最低限として期限は切りますが。

それに間に合わなかったら、今回はダメだったんだなとスパッと諦める。

間に合った人だけでやる。それでボーダを超えなかったら全体で諦める。

間に合わないってことは、それほど色々と抱えててこっちまで手が回らないってことだから。

また手が回るって時に参加してくれたらいいんだなと。それが開催直前になっても問題ない。

 

それが自分のボーダから逸脱すれば切ればいい。でもボーダーを無意味にきつくしたくはないなぁと思ってます。

 

 

 

 

信用って難しいなぁと。信用されるようになりたい。

私が感じていることも、他の方にはそうじゃない。難しい。

 

以下いつもの雑記。

続きを読む