名もなき楽器漫談

名もなき男の忘備録

Fret Butterを試してみた

たくさんのギターを持っていると、1番面倒に感じるのが弦交換やそれに伴うフルメンテ。

磨くのは苦ではないのですが、オレンジオイル等保湿に伴う匂いも取れずにキツイ思いを何度も経験する。

オークションとかで落札すると、指板もカッピカピで汚れまくりでひどいものの割合が多くて難儀します。

 

 

最近KILLERが代理店で販売開始となったFuret Butterが保湿もするし、フレットも磨けるとの事で「こりゃいい!」っと手を出してみました。

 

 

 

 

 

というわけでパッケージ。

 

 

f:id:nonamegt:20170401235744j:plain

 

中身はピンクのフェルトにココナッツの匂いのするものが満たしてある状態。

バターって打ってあるだけあり、手についた感じはバターっぽさがありました。

 

f:id:nonamegt:20170401235812j:plain

 

というわけで2本ほど使ってみました。両方ともローズウッド指板です。

 

 

 

これが塗った感じ。あとで塗る前の写真が出るので参考に。

 

f:id:nonamegt:20170402000312j:plain

 

さっきのピンクのフェルトを上みたいにさっと塗った後に

真面目に綺麗な布を一往復しただけでこんなに真っ黒になります。

 

f:id:nonamegt:20170401235927j:plain

f:id:nonamegt:20170401235949j:plain

 

さて肝心のビフォーアフターをば。

これが

 

f:id:nonamegt:20170402000038j:plain

 

こうなり

 

f:id:nonamegt:20170402000116j:plain

 

フレットもこれが

 

f:id:nonamegt:20170402000523j:plain

f:id:nonamegt:20170402000843j:plain

こうなる。

 

f:id:nonamegt:20170402000556j:plain

f:id:nonamegt:20170402000913j:plain

 

試しに、普通のフレット磨きとして使っているGLANOL Metal Polish と比べてみましたが、

こんな簡単な方法で同じぐらいくすみが取れました。普通にフレットバターだけで指板磨きもフレット磨きも終わりますねこれ。

 

フレット磨いても、指板だけ磨いても、どっちも真っ黒ーと汚ればガンガン落ちるますが

指板の汚れはあとで見返すと「そんなにかなぁ?」って感じはします。色はすごくつくのは指板のローズウッドを削っているからか?っとちょっと怖くなりましたね。

 

 

 

注意点としては、白いバインディングのギターは気をつけないとバインディングに黒汚れが映ります。かなりくっきり。

そりゃあんなに真っ黒くなるわけですから、色もついちゃうわなぁってちょっと後悔しました。

 

あとは、こんだけ派手にフレット磨き同じぐらい落ちるのを指板に使ってダメージがないのか?って不安があります。

 

なので、高級系にはまだ使いたくないなぁって思いがあります。

指板がボロボロになって音変わったら嫌ですし。。。なので安ギター達に試してみようと思います。

 

 

でも、かなり簡単な上に匂いもそんなに残らないので、オレンジオイルとかと比べるといいかもなぁって思いはとてもありますね。

 

 

というわけで、気軽にやるぶんにはありな商品かな?っと思ってます。